【老け顔 改善】40歳女性がやるべきことリスト

乾燥肌にリキッドファンデーションを使うのはNG?その理由は…

乾燥肌なので、リキッドファンデーションを使って、対策をしています。リキッドファンデーションは乾燥肌対策に効果的ですか?

 

 

 

乾燥肌の対策として、リキッドファンデーションを使うのはあまりオススメされません。同様にクリームファンデーションも。

 

リキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは、使っているといい感じにのびて、肌に馴染んでくるんですね。これでちゃんと保湿されて、乾燥肌対策になると思ってしまいます。

 

しかし、これには実際には、お肌に負担がかかっている場合があるんです。

 

すべてのリキッドタイプ、クリームタイプがそうだとはいえないのですが、乳液状の液体の中に、顔料が含まれていることがあります。※ほとんどがそうだと思います。
しかし、顔料は油分なので、水分と混じり合うことはありません。
顔料自体に問題があるのではなくて、油分なので分離してしまわないようにするための、乳化剤がたくさん使われていることなんですね。
※顔料とは色の付いた粉
※乳化剤は、界面活性剤

 

 

また、こういったリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションは水分を多く含んでいます。それを防止するために腐りやすい傾向にあります。この「腐りやすい」ということを防ぐために防腐剤が含まれている事が多いんですね。
この防腐剤が厄介者で、これが原因ゲ肌荒れになってしまうなんてことも十分にありえるわけなんです。

 

 

では、そうすると、肌への負担を減らして、いたわったものを使痛いとした場合は、どういったタイプのファンデーションを使うのがいいのでしょうか?

 

 

それはパウダータイプのファンデーションです。

 

「粉っぽいのは苦手。粉浮きが心配」と思うかもしれませんが、ちょっと待って下さい。

 

これは水分を含んでいないので、先程述べた、乳化の必要がありません。そうすると、防腐剤を使う必要もなくなってくるんですね。全く使わないということはあまりないと思いますが。
粉浮き対策としては、まず、美容液でしっかりと保湿をしましょう。そしてその後に薄くクリームを重ねていって、約10分時間を置いてからファンデーションを付けていくようにすれば、ほぼ大丈夫です。

 

 

 

 

●ファンデーションのタイプ、特徴
・リキッド
形状は乳液状の基礎に顔料を混ぜ合わせたものです。
伸びがあって崩れにくい特徴があります。
デメリットとしては肌への負担がかかります。肌荒れを起こす原因にもなりますので、毎日使うのはできるだけ控えましょう。

 

 

・クリーム
クリーム状です。それに顔料を混ぜています。油分が多いので仕上がりはしっとり。
しかし、その分毛穴が塞がれることも。界面活性剤の影響で肌の刺激になったりすることもあります。

 

・パウダー
粉タイプのもの。シリコンなどで顔料の粒子をコーティングしています。
添加物が比較的少なめです。

 

・練り状のもの
顔料をベースに油分を加えています。これにより、しっとりした雰囲気が演出されます。
水分を含んでいないので添加物の量は少ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

自分の肌の老化具合を知る
老け顔に悩む41歳女性のための老け顔改善情報サイト
美容液にこだわってみると
老け顔に悩む41歳女性のための老け顔改善情報サイト
紫外線対策での勘違い
老け顔に悩む41歳女性のための老け顔改善情報サイト
肌の年齢増加の真実はこれ。
老け顔に悩む41歳女性のための老け顔改善情報サイト
乾燥肌に水分が○でない理由とその対策
老け顔に悩む41歳女性のための老け顔改善情報サイト
肌荒れと化粧水で勘違いしている人多数
老け顔に悩む41歳女性のための老け顔改善情報サイト
肌の老化を遅らせる方法を知る前に
老け顔に悩む41歳女性のための老け顔改善情報サイト
老け顔対策をするには肌の老化を学ぶべし
老け顔に悩む41歳女性のための老け顔改善情報サイト